HOME

ターゲットを具体的に想定する

キーワードを調べる検索ツールはたくさんあります。
だけどどんなツールを使おうが、検索するのは結局人間です。
この時、人間は「どんなキーワードで検索するだろうか?」って考えてみてください。

ほかにもそのとき、検索する人が「男性か女性か?」「年齢は」「どこに住んでいる?」「どんなことに困っていて、どういうタイミングで検索するのか?」「パソコンから検索するのかスマホを使うのか」みたいに、いろいろな角度からリアルに想像することがとっても大事です!

例えば「ジュエリー」をメインのキーワードにするとしても、手作り志向の女性ターゲットなのか、高級志向の富裕層をお客様とするのかによって、検索するキーワードも違ってくるんじゃないですか?

キーワードだけじゃなく、Webサイトに掲載するコンテンツの内容も変わりますし、デザインにも影響が出ます。
どういう人をお客様にしたいのかを具体的に考えてサイトを作っていきましょう。

 

SEO対策

Webサイト名はわかりやすいものを

インターネット上にはたくさんのWebサイトがあります。
そして検索するユーザーは目的のWebサイトにたどりつくまでに、いくつものWebサイトを開いては閉じ・・・・・・を延々と繰り返しているはずです。

何かを探しているお客様が訪問してきた際に、「ここだ」と思ってもらえるためにも、Webサイトにはわかりやすい名称を付けるのがいいみたいです。

できればWebサイトに初めて訪問したユーザーが名称を見て、
・そのWebサイトが何を扱ってるのか
・何が得意なのか
・何を解決してくれるのか
などを把握できることが望ましいです。

Webサイト名は、自分の好きな言葉や愛着のわく名前を付けることも大切ですが、お客機にとってわかりやすい名称を付けるようにしましょう。

 

サイト管理人(へいた・マチス)

サイト管理人(へいた・マチス)

10歳からマチスの親のパソコン借りて2人で遊びまくってたんで、ネットとかhtmlとかむっちゃ詳しい自信ありです!
admin@hei-mat.net

免責事項

このサイトに書いてる情報は、掲載時点でのものです。だから掲載後にお知らせなど載せることなく情報の内容を書き換えたり、時間経過の影響で実際と情報が一致しなくなったりする等の場合があります。またサイトの情報を情報源として閲覧者がとった行動の結果、閲覧者や第三者が損害を被られた場合においても、サイト運営元は責を負いません。

格安SEOの東京SEOメーカー

格安SEOの東京SEOメーカー