重複コンテンツの例

他社のコンテンツのコピーではなくても、以下のようなケースで重複になってしまうこともあります。

・何度も同じことを繰り返し書いているうちに、部分的に似てしまった
・商品ページの色遣いの場合、色の説明以外は同じ説明文になってしまった
・PC用のページとモパイル用のページを別々に作ったが、説明文は同じものを掲載してしまった
・Webページと印耐用のページを掲載したため、重複になってしまった

これらのケースは、Googleからのペナルティを受けたり法的な問題に発展したりすることはありませんが、重複ページのうちいずれかのページの順位が下がる可能性はあります。なぜなら、検索ユー ザーが検索した際、類似のページが 1位と2位に出てきたらどうでしょう?
検索ユーザーは1位のページを見て、違うページと比較したいと思って2位のページを見たのにも関わらず、内容が同じでは「Googleって、役に立たない」と思われてしまいます。
このようなクレームを回避するため、 Googleは検索結果の上位に、内容が同じページを表示しないようにしています。

サイト管理人(へいた・マチス)

サイト管理人(へいた・マチス)

10歳からマチスの親のパソコン借りて2人で遊びまくってたんで、ネットとかhtmlとかむっちゃ詳しい自信ありです!
admin@hei-mat.net

免責事項

このサイトに書いてる情報は、掲載時点でのものです。だから掲載後にお知らせなど載せることなく情報の内容を書き換えたり、時間経過の影響で実際と情報が一致しなくなったりする等の場合があります。またサイトの情報を情報源として閲覧者がとった行動の結果、閲覧者や第三者が損害を被られた場合においても、サイト運営元は責を負いません。

格安SEOの東京SEOメーカー

格安SEOの東京SEOメーカー