音声検索で難しくなるSEO

音声検索が広まっても、 Googleの基本的なアルゴリズムは現状のアルゴリズムを踏襲するでしょう。ただし、以下の点で難しくなると考えられます。

・1位でなければ意昧がない
文字検索の場合は、検索ユーザーが検索結果の画面を見て、どのWebサイトを聞くかを決めていました。つまり、2位や3位、それ以降の順位であっても、Webサイトに訪問してもらえる可能性がありました。ところが音声検索の場合は、読み上げられるのは1位のWebサイトのみとなります。音声検索の場合は、1位でなければ検索ユーザーと出会えないという厳しい状況が待っています。

音声検索によって、ユーザーごとに検索の仕方が多様化してきます。
文章での検索、質問形式での検索、あいまいな言葉での検索、感情を表す言葉での検索など、ユーザーの検索方法が今まで以上に複雑になるので、そういった意味でも、キーワードの洗い出しが難しくなり、戦略が練りにくくなります。

マチスのブログ

サイト管理人(へいた・マチス)

サイト管理人(へいた・マチス)

10歳からマチスの親のパソコン借りて2人で遊びまくってたんで、ネットとかhtmlとかむっちゃ詳しい自信ありです!
admin@hei-mat.net

免責事項

このサイトに書いてる情報は、掲載時点でのものです。だから掲載後にお知らせなど載せることなく情報の内容を書き換えたり、時間経過の影響で実際と情報が一致しなくなったりする等の場合があります。またサイトの情報を情報源として閲覧者がとった行動の結果、閲覧者や第三者が損害を被られた場合においても、サイト運営元は責を負いません。

格安SEOの東京SEOメーカー

格安SEOの東京SEOメーカー